Takaさんの暮らし日記

あの空の下に、思いをはせて

ボタニック・ガーデンへ

キングス・パーク内には西オーストラリア固有の花など約3000種類の植物が見られるボタニック・ガーデンがあります。

f:id:green015:20191208191554j:plain

広くてキレイなのに、無料という…。ここはぜひパースに行ったら訪れてほしいガーデンです。

 

f:id:green015:20191208191712j:plain

入口のそばで大きなバオバブの木を見ることができました。木は数本あるのですが、中でもこの樹齢750年の大きなバオバブの木はガーデンのシンボルとして有名だそうです。

 

f:id:green015:20191208192332j:plain

タワシのようなバンクシアもよく見かけました。バンクシアガーデンエリアもあるほど!

 

f:id:green015:20191208192415j:plain

ガーデンの中にあるロッタリーウエスト・フェデレーション・ウォークウェイはガラス張りの遊歩道。最初、床もガラスなのかと思ってワクワクしていたらそうでもなかったという…(笑)。けれど景色はきれいだし、ユーカリの森に囲まれて森林浴気分もぞんぶんに味わえました。

 

f:id:green015:20191208192601j:plain

ぐるり1周をして、再び入口に戻ってきました。鮮やかな色彩がパースの強い日差しに負けていないですね!戻ってきたころにちょうどお昼になったので、カフェでランチタイムの日記はまた明日。

 

f:id:green015:20191208192833j:plain

オマケ。やっぱりどこに行っても目に入るのは同業であるガーデナーさん。せっせと花がら摘みをされていました。作業スタイルがかっこいい~~~。