Takaさんの暮らし日記

あの空の下に、思いをはせて

会いたかった!

今日は夫と2人休み。十勝晴れの気持ちの良い1日です。夫はずっと仕事が遅くて運動不足になっていて、久しぶりに歩くことにしました。向かった先は帯広市民憩いの場のグリーンパーク。

寒いとはいえ、日差しは春を感じさせる力強いものになってきて散歩日和。表面が融けてツルツルした路面に気を付けながら、夫と「一度はシマエナガを見てみたいね」と会話をしていた時でした。

f:id:green015:20200225185714j:plain

キツツキが穴を開けてまもない木を観察していると、近くまで飛んでくる小鳥。「まさかね」なんて言いながらもよくよく見てみると…

 

f:id:green015:20200225190426j:plain

まさかの!!!!!雪の妖精、シマエナガ!!!!!かわいいーーー!!!!!

3羽ほどいて、枝から枝へ動き回っていました。図鑑で読んだ通り、愛くるしい姿とは裏腹に「じゅるり」とこもった声。じゅるりじゅるりじゅるりじゅるり…一度耳にしたら忘れないくらい、特徴のある鳴き声でした。

興奮冷めやらぬ2人。まさか見られるなんてすごいね!!って足取りも軽く野草園の方へ歩みを進めると、また聴こえてくる「じゅるり」の声と、バズーカ砲のようなカメラを持った人たちの集団発見。絶対にまたいる!!!と思って、そろりそろりと近寄ると…

f:id:green015:20200225190945j:plain

再びシマエナガ。今度は4羽も見られました。一緒に観察をしていた1人の方が「初めてこちらに来て、滅多に見られないというシマエナガを見られて感激です~~~」と話しかけてくださいました。

興奮している私達をよそに、バズーカ砲の方たちは何やら違うものにピントを合わせられている様子…何かいるのかな?と教えてもらった先には

f:id:green015:20200225191131j:plain

エゾモモンガ。グリーンパークの自然っぷりに感動です。

エゾモモンガは枯れ木に登ってはトドマツ(たぶん)に飛び移ったり、また戻ったりを繰り返していました。昼間にすい~~~っと飛ぶエゾモモンガを見られるなんて思ってもみませんでした。